ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立プラントメカニクス運搬・輸送機械システム


空気式アンローダ


機械式アンローダ


機械式アンローダ

弊社の穀物ハンドリングが選ばれる3つのポイント

特長1空気式アンローダ(50t/h 〜 800t/h)

効率の良い荷役作業に適した輸送管サイズ、輸送管長、伸縮ストロークを採用し、かつ荷役環境に応じ1ノズル式、2ノズル式の選定が可能です。
輸送物衝突部には耐摩耗ライニングを施し、耐久性を高めます。
遠隔で能力調整が可能です。

特長2機械式アンローダ(200t/h 〜 1000t/h)

近年の穀物船の大型化に伴い、荷役能力の大容量化や省エネルギーの荷役には機械式アンローダが適しています。
国内で最大900t/h、海外では最大1000t/hの納入実績があります。
機種は最も省エネルギー性に優れたベルトコンベヤ式、火災発生リスクの無いチェーンコンベヤ式をそろえています。

特長3豊富なオプション

用途に応じ豊富なオプションを揃えています。

  • ブル吊り装置(旋回独立型ジブクレーン、ホイスト式)
  • 中継船卸し装置
  • トラック積装置
  • ブーム、ノズル位置自動降下装置
  • 免震装置
  • 状態監視・表示システム
  • 能力調整装置