ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立プラントメカニクスメカトロニクス

  • Q
    この製品(HiMoveRO)は何をするものですか?
  • A
    産業用若しくは協働型のロボットを移動させるための装置です。
  • Q
    AGV(無人搬送車)と何が違うのですか?
  • A
    ロボットが作業している時は移動しない、ポイントに到着した後にロボットに作業を始めさせるなど、ロボットと連携することに重点を置いている点で異なります。
  • Q
    ロボットを移動させることでどのようなメリットが生まれるのですか?
  • A
    1台のロボットで、複数の場所で異なる作業をさせたり、ワーク等の搬送をおこなうことができます。
  • Q
    経営面ではどのようなメリットが考えられますか?
  • A
    各生産ライン毎にそれぞれロボットを設置する必要がなくなり、作業待ちしている作業員は他の作業に従事させるなどの効果が期待できます。投資費用や人件費などの抑制に繋がります。
  • Q
    どのような方式で移動しているのですか?
  • A
    HiMoveROの中に地図を持ち、地図上の予め設定しておいたルートを沿うように移動します。レーザスキャナの情報と地図を照らし合わせて、自己位置を推定しながらルートを移動します。
  • Q
    技術的には何と言う方式になるのですか?
  • A
    SLAM(環境地図作製と自己位置推定)技術[スラム技術]です。

    SLAM:Simultaneous Localization and Mapping

  • Q
    ロボットを移動させる方法として、他にレール方式や磁気誘導式のAGV方式などもありますが、何が違うのですか?
  • A
    設備工事不要で導入頂ける点が大きく異なります。地図上のルート設定・変更をおこなえば、直ちに反映され、且つ比較的自由なルート上を動かすことができます。
  • Q
    導入にあたって安全柵などの設置が必要ですか?
  • A
    リスクアセスメントをおこなって安全対策を施す必要があります。詳細は弊社へお問い合わせください。
  • Q
    既にロボットを持っているのですが、HiMoveROを導入することは可能ですか?
  • A
    可能です。HiMoveROへの組み込みは弊社工場にておこなわせていただきます。詳細は弊社へお問い合わせください。
  • Q
    導入に向けてどのような支援をして貰えるのですか?
  • A
    システムインテグレーション、ハンド部の設計・製作、治具の設計・製作、ロボットティーチング、操作教育、リスクアセスメントを対応することが可能です。
  • Q
    導入までどれくらい掛かるのですか?
  • A
    規模や構成などにより異なりますので、個別対応させていただきます。
  • Q
    保守はどのようになるのですか?
  • A
    HiMoveROはオンサイト保守とセンドバック保守(オーバーホール含む)が可能です。ロボットはメーカ対応となりますのでセンドバック保守のみとなります。
  • Q
    生産系システムや設備と連携して動かしたいのですが、可能ですか?
  • A
    統括管理PCを介して連携していただくことで可能です。個別対応となりますのでご相談ください。システムソリューションを含めて対応させていただくことが可能です。
  • Q
    複数台の導入を検討しているのですが、輻輳制御できますか?
  • A
    統括管理PCで各々のHiMoveROを制御し、全体管理をおこなうことができます。
  • Q
    具体的な相談をしたいのですが。
  • A
    お問い合わせ」よりお問い合わせください。担当より折り返しご連絡させていただきます。
  • Q
    その他、仕様・価格など詳しく説明して欲しいのですが。
  • A
    お問い合わせ」よりお問い合わせください。担当より折り返しご連絡させていただきます。